「私とは何か?」という永遠のテーマから考える「永遠に続いていくもの」

「私とは何か?」という永遠のテーマから考える「永遠に続いていくもの」

こんにちは。

千葉、幕張を拠点に活動するパーソナルトレーナーのsayakaです。

普段テレビをあまり観ない私ですが、今日は面白い番組を観ました。

 

NHK 河合隼雄スペシャル「私とは何か?」

https://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/78_kawai/index.html

 

私とは何か?

最近考えたことがありますか?

 

私はいつも考えていますが、答えは一向に見つかりません。

しかもこの問い、もし仮に答えが出たとしても、また巡ってくるんです。

 

それほど難問で厄介な問いなので、考えてもキリがない。

 

なんとなく答えを持っていたとしても、それを言語化するのが難しい。

 

皆さんがどのくらいの頻度で考えるのか想像もつきませんが、

私にはこの問いが巡ってくることが度々あります。

 

無意識で考えている時間も合わせたら、恐らく毎日。

これは、落ち込んでいる、病んでいる、とかそんな事ではなくて、

必然的に考えてしまうもので、 巡ってくる といった感じです。

 

今この記事を書いているわけですが、答えを持って書いているわけではありません。

 

答えが出ないものを考えるのは、本当に苦しい時もあります!

 

その点から言えば、

数学は得意ではありませんが、

答えのある数学の方程式を解く方がよっぽど簡単に思えてきました。

数字を操るということは、

ある意味答えが出せるから楽しいのかもしれません。

 

でも、

円周率はまだ最後まで解かれていないから、数学はこれからも続いていく。

 

宇宙には何があるのか、どうなっているのかわからない、だからロケットを飛ばす。

 

人の心は全部見えないから、目の前の相手と対話し続ける。

 

人の身体は、理屈では説明できないようなことがたくさんあるから、実験や研究が進んでいく。

 

世の中は、一生知りうることが出来ない「無知」で溢れているから、面白いという捉え方もあります。

 

そして、それが「学問」「研究」「勉強」「習い事」になったりする。

 

見たことがないから、見たい。

やったことがないから、やってみたい。

食べたことがないから、食べてみたい。

知らないから、学んでみたい。

 

そんな「好奇心」と「人を尊重する気持ち」を1セットでみんなが大切に出来たら、

どんどん良い世の中になりそうじゃないですか。

いろんな考え方があるとは思いますが、

この2つが1セットでないと「好奇心」は人を傷つけてしまうものにもなりかねないので、

あくまで2つで1セット!だと私は思っています。

 

私自身、

「知らない」ということを「恥ずかしい」と思うことが多々あります。

それが言えないことも多々あります。

でも、なるべく知ったかぶりはやめて、これからも「心と身体の勉強」を続けます。

目の前の人と対話し続けます。

たくさんでなくていいです。

あくまでも、今目の前にいる人と向き合うことを大切にしていきたいのです。

 

そんな訳で、パーソナルトレーニングにお越しの際は、

皆さんの  心や身体の感覚  について詳しく教えてください。

それがやがて、皆さんが   自分自身で変わる  ためのヒントになります。

 

その情報が無いと、いくら人に習っても、いくら時間を使っても、いくらお金を払っても、

変化は訪れません。

 

答えはあくまで自分で見つけて行くもので、

周りの人は、見守ったり、サポートすることしか出来ないのです。

 

そんなわけで、何が必要で、どうすればいいのか?

一緒に考え続けていきましょうね!

しっかりサポートさせていただきます!!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

パーソナルトレーナー🏔sayaka

 

ご不明点やお問い合わせはLINE@、お問い合わせフォームからお気軽にどうぞ♪

友だち追加