Q&A 悩みを解決するために一番最初にすることは?

  • 2018.12.24
  • Q&A
Q&A 悩みを解決するために一番最初にすることは?

こんばんは!

千葉・新浦安・幕張で活動中のこころとからだを整えるトレーナーsayakaです。

 

悩みを相談したのにスッキリしない現象

みなさん、悩みがある時に最初にすることは何でしょうか?

「友達や家族に悩みを相談する」と答える人が多いかもしれません。

 

ただ、人に悩みを相談してもスッキリせず、モヤモヤしてしまうことってありませんか?

 

相手は良かれと思って、たくさんアドバイスや忠告をしてくる。

でも、そんなアドバイスが欲しいんじゃない!

そんな風に思ってしまうことも多いのではないでしょうか?

 

自分でもよく分からない感情が心の中に渦巻いていて、

うまく言葉にできなくて、

相手にも真意が伝わらない。

 

その結果、余計にストレスになってしまったりすることも。

 

では、

Q. 何かに悩んだ時、まず最初にどうすればいいのか?

それは

A. 問題点を見つけることです。

 

その悩みは、何が問題なのか?

どこから来ている悩みなのか?

がまずは重要になります。

 

なぜこれが重要なのかと言うと、

案外自分が問題だと思い込んでいることは問題でないことがある。

別のところに問題がある場合が多いからです。

 

例えば私はトレーナーなので、

「肩が痛いです!肩のどこに原因があるんでしょうか?」

と言って相談に来られるクライアントさんがいます。

しかし、肩に問題があると言うよりは、胸や背中の筋肉が硬くなったことによって、

結果、肩が動かなくなったり、痛みが出ている。

こんな事実があります。

 

この例からいうと、

他の部分が硬くなることがどう影響しているか?

どのくらい影響しているのか?

などを考えず、

問題が出たところだけを見て解決しようとしている場合が多いのです。

 

先日書いた記事「むちゃ食い障害」に関しても、

問題である「食べ過ぎてしまう」をただ辞めればいいと言うことではなく、

どんなことにストレスを感じて食べ過ぎるのか?

どんな気持ちになって食べ過ぎるのか?

どんな時に食べ過ぎてしまいやすいのか?

などを分析する方が、実は大切なのです。

 

問題点が分からずに、悩みを解決しようとすると、

逆に問題が大きくなってしまったり、

全然解決しない可能性があります。

問題点の見つけ方

まずは、客観的に話を聞いていくれる第三者に話したり、

ノートに書き出したりして、

悩みを分析するところからスタートしてみましょう!

 

仲の良い友達や家族は、距離も近いので、

客観的に聞くと言うことが案外難しかったりします。

大切な人だからこそ、本音を言いづらかったりするかもしれません。

だから、話を聞いてもらう場合は、少し距離の遠い人をお勧めします。

 

話をしても書き出しても、

すぐには分からないかもしれませんが、何度も何度もやっていくうちに答えが出て来ます。

 

そして、「薄々本当の問題点に気づいているんだよね」という場合も、

それを繰り返してやることで

「あっ!やっぱりこれが問題なんだ!」

「これを解決しないと私の悩みは解決しないんだな!」

「この問題はすぐに解決はしないから、じっくり向き合っていこう!」

「一人では出来ないから、人に協力してもらおう!」

などと、落ち着いて考えられるようになります。

 

そんなわけで、自分と向き合う時間、大切にしていきましょうね♪

悩みのある方、sayakaがお話聞かせていただきます。

 

今日もお読みいただきありがとうございました。

 

こころとからだを整えるトレーナーsayaka

 

30分無料相談随時受付中です。

ご不明点、無料相談のご予約は、

お問い合わせまたはLine@からお気軽にどうぞ!

24時間以内に返信させて頂きます。

友だち追加

LINE@友だち募集中!

追加していただくと、Blogを更新した際にお知らせが届きます。