「一錠の薬」より「一回の大丈夫?」

「一錠の薬」より「一回の大丈夫?」

こんにちは!

こころとからだを整えるパーソナルトレーナーsayakaです。

 

突然ですが、私は、トレーナーであると同時に、生活支援員という仕事をしています。

障がいを持つ方の一般就労に向けてのサポートをするお仕事です。

うつ病、知的障害、パーソナリティー障害、アスペルガー症候群、統合失調症。

 

現代には、様々な名前の障がいがあります。

しかし、そのような障がいに名前が付き始めたのはごく最近で、

大人になるまで気付かず、気付かれず苦しんでいた人も多くいます。

 

今も気付かず苦しんでいる方も多いのではないかと思います。

 

障がいを持つ人は増加傾向で、

この背景には様々な要因があります。

 

 

文明や化学が発達しすぎたことで水や空気、食物が汚染されています。

間違えないで欲しいのは、それらが発達したことを否定しているのではありません。

 

私たちの身体は

汚染された空気

汚染された水

汚染された食べもの

からできています。

 

それらは、私たちの身体の健康や遺伝子に影響を与えています。

 

 

自然を失った都会では、人の心も蝕まれます。

 

トイレに行くのも忘れ、一日中定位置でのデスクワークでカラダは鉛のよう

自然を感じることのできないコンクリートジャングルで起こる自然欠乏症

寂しさを紛らわすように、ゴミを集めて作られたゴミ屋敷

足りない欲求を埋めるように食べまくる無茶食い症

 

不自然なこと、不自然なものが多すぎて、

悲鳴を上げている人がたくさんいます。

 

そして自分の悲鳴に気付かずに、「躁うつ病」などの障がいや、

病気となって現れてしまう方も多いです。

 

気づく事が出来た人はまだ良くて、

気付かずに辛い思いをしている人がたくさんいます。

 

そんな人が一人でも減って、もっと毎日楽しく暮らせる人が増えるといいなと本気で思っています。

 

でも私にはなんの力もないので、これを読んで共感してくれた人は、

一日一回、目の前の困っている人にちょっとだけ手を差し伸べて上げてください。

 

ちょっと元気がないなとか。

ちょっとおかしいなとか。

 

自分の周りの人の様子を見て、

優しく声をかけて上げてください。

 

「どうしたの?」

 

その一言だけでも救われる時ってないですか?

少なくとも私はあります!

 

「1錠の薬」より「一回の大丈夫?」の方が特効薬だったりするんです。

 

人が一人でできることには限界があるけれど、

一人一人がやってしまえば、

それはかなり大きなものになるんじゃないかと思っています。

 

 

今日は少し熱くなってしまいました。

 

昔のバンド仲間と長電話をしたせいでしょうか。

彼も間違いなくハッピーメイカーの一人。

https://www.youtube.com/watch?v=ZIi_uLJFbMA

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

30分無料相談随時受付中です。

ご不明点、無料相談のご予約は、

お問い合わせまたはLine@からお気軽にどうぞ!

24時間以内に返信させて頂きます。

友だち追加

LINE@友だち募集中!

追加していただくと、Blogを更新した際にお知らせが届きます。

 

こころとからだを整えるパーソナルトレーナーsayaka