言葉や考え方の認識をすり合わせるために行うこと

言葉や考え方の認識をすり合わせるために行うこと

こんにちは!

千葉・幕張・新浦安で活動中のパーソナルトレーナーsayakaです。

 

皆さんは、カウンセリングという言葉からどんなことをイメージしますか?

 

とっつきにくい感じでしょうか?

それとも、そんなことはないのでしょうか?

 

パーソナルトレーニングの最初は、必ずカウンセリングからスタートします。

行う目的は、お互いの認識や意思を確認し合うために行なっています。

 

話を伺って、

どんなことを求めているのか?

食事やトレーニングに対してどんな認識を持っているのか?

痛みをどんな風に感じているのか?

どんな困りごとがあるのか?

などを教えて頂きます。

 

そして、カウンセリングの中で重要なことは、言葉の使い方をすり合わせることです。

 

人はそれぞれ、言葉の使い方が違います。

 

同じ「痛い」でも、

突っ張る感じ

激痛

痺れ

動きづらい

我慢はできるけど違和感があるレベル

など、様々な意味で使われます。

 

そして、私からも運動をお伝えしていく中で、「私はこういう意味でこの言葉を使っています。」

と説明するようにしています。

 

言葉のすり合わせをすることで、誤解や認識の違いが少なくなり、

運動指導もスムーズに進むことが多いです。

 

パーソナルトレーニングに入る前には、こうしたすり合わせを行うために、

今までの運動経験、お仕事のスタイル、生活スタイル、運動に対する考え方、姿勢の癖、

などをお伺いします。

 

そして、

どんなことをやめた方が良いか

どんなことをやっていけば良いか

どのようなペースでやっていけば良いか

お伝えします。

 

話し合い?ミーティング?みたいなものですね!

誰かと何かをやろうとしたら、話し合うじゃないですか?

それと同じです!

 

カウンセリングを受けても、

なんか違うかも!と思ったら、トレーニングを始めなくても大丈夫です。

場合によっては、別の方の方が合うなと思った時は、

ピッタリの方がいれば、ご紹介させて頂きます。

お気軽にご相談くださいね!

 

パーソナルトレーナーsayakaは、あなたの痛みのない快適な生活を応援します。

 

四十肩、五十肩、腰痛、膝痛を改善したい方は、

お問い合わせまたはLine@からお気軽にどうぞ!

友だち追加

LINE@友だち募集中!

追加していただくと、Blogを更新した際にお知らせが届きます。

 

パーソナルトレーナーsayaka