身体が硬い!〜が痛い!という口癖にご注意を

身体が硬い!〜が痛い!という口癖にご注意を

こんにちは。
千葉、幕張、新浦安で活動中のパーソナルトレーナーsayakaです。

 

私ごとですが、風邪を引きました。

今日は福祉のお仕事を1日お休みを頂いて、
だいぶ回復しました。

 

職場にお休みするかもしれない旨を連絡したら、職場の年下の女の子が優しすぎて泣けました。

「明日は十分に人が足りているので、ゆっくり休んでください。」

「必要であれば、ご飯を作りに行きますよ!」

 

天使ですよね!

 

ここまで言えるって、すごいことだと思いました。

周りの皆さんの優しさに包まれて毎日生きております。ありがとう!

 

そして最近、少し忙しく動きすぎていたなぁと反省しながら、

無理な計画を立てないよう心に誓いました。

忙しい毎日を過ごしていると、日々のやることに追われて大事なものを疎かにしたり、

変化に気付かなかったり、

あまり良いことはありません。

これが常となると、知らない間に状況が悪化していたり、体調を崩したりすることも。
まさに、わたしの今回の風邪ひきパターンです!

目の前のことに必死になりすぎて、目的や目標を見失ってしまうかもしれません。

 

そしてそんな生活を続けていると、物事の歯車が狂ってしまったりして、

悪い口癖が常となっている場合があります。

 

「私は身体が硬い!」「〜が痛い!」

運動指導や福祉の現場にいると、こんな言葉が口癖の方がいらっしゃいます。

これらを言ってはいけないのではなくて、口癖となっていることが問題なんです。

 

他によくあるの口癖は「もう歳だから!」

 

これらは、完全に諦めモード。

痛いところや硬いところ、出来ない理由探しに躍起になっている状態です。

 

しかし、誰がなんと言おうと、身体は確実に変えられます。

何歳になっても、正しい知識と実践をすれば、必ず変ります。

なぜなら自ら体験したし、そんな方をたくさん見てきたからです。

本当に?と疑っている方も!

そうですよね!と思われる方も、

ぜひこの続きをお読みください。

身体が柔らかくなる方法・痛みを改善する方法を説明していきます。

まず、分析する

今の自分の身体を分析します。

痛いところはある?
肩凝りはある?
腰痛はある?

しゃがむ、あぐらをかく、正座をするなどの日常の動作はできる?

できる場合は、スムーズ?

痛みはある?

動きづらさはある?

こんな感じでとにかく、細かく見ていきます。

ここで大事なのは、変化に気付くことです。

変化は良い変化もあれば、悪い変化もあるかもしれません。

そしてどこが硬くなっているのかを確認するのです。

 

仮にここで、日常の動作で違和感がある場合は、

負荷をかけたトレーニング(筋トレ・スポーツ・ダンス)等は少しお休み期間を設けて、

身体を整えることに注力しましょう!

 

 

身体の硬い部分をほぐす

身体の痛みのある部分やその付近を触ってみてください。

触って硬いところを自分が気持ち良いと思う圧をかけて押します。

少し時間をかけて、だんだんと奥に入っていくように押していくと、

少しずつ柔らかくなっていくのを感じることができます。

体に痛みが出ている時、硬くなっている時は、無理やりストレッチで伸ばそうとしても伸びません。

そんな時には、ストレッチポールやセルフマッサージ、

整体やマッサージに頼ってみるのもオススメです。

硬くなった場所を、丁寧に時間をかけてほぐす事で、筋肉の緊張がとれ、

関節の動きがスムーズになります。

骨を覆っているのは筋肉なので、硬くなった筋肉が、

関節のスムーズな動きを邪魔しているのです。

 

ストレッチする

身体の硬い部分がほぐれたら、関節の動きがスムーズになっているので、

身体を動かしやすくなっているはずです。

ここで、しっかりストレッチをすれば、
身体はもっと軽く、動かしやすくなります。

ストレッチのポイントは、伸ばしたいところが伸びているか?です。

ここでいう伸ばしたいところとは、
硬くて動きづらかった部分です。

肩凝りであれば、肩の付け根と首筋あたりかもしれませんし、胸のストレッチかもしれません。

腰痛であれば腰かもしれませんし、
足の付け根(股関節)かもしれません。

またストレッチではなく、お腹の深いところに呼吸を入れるだけで、痛みが和らぐ場合もあります。

 

痛みの原因や解決方法は人それぞれ。

これを読んでも原因や解決方法がわからない方は、sayakaまでご相談くださいね!

 

一番大切なこと

 

ここまでで、身体を柔らかくしたり、痛みを改善する方法を書きました。

しかしまず一番大切なのは、心の持ち方と継続することです。

まずは、心の奥底にある「身体が柔らかくなるはずなんてない!」

「この痛みがとれるはずなんてない!」そんな気持ちを「身体は自分で変えられる!」置き換えることです。

 

「身体が柔らかくなって、毎日身体が軽くて動きやすい!」

そんな自分をイメージし続けてください!

そして、実践し続けてください!

 

身体は必ず変ります。

 

一人では、そんな自信を持ち続けられない!

何から始めたらいいのか分からない!

 

そんな方は、sayakaと一緒に身体を動かしましょう!

良い状態をイメージできるような説明をし、

運動のモチベーションを上げるお手伝いをさせていただきます。

 

 

継続と言葉の力は素晴らしい!

 

 

皆さんの痛みのない快適な暮らしを願って。

 

お問い合わせまたはLine@からお気軽にお問い合わせください。

友だち追加

LINE@友だち募集中!

追加していただくと、Blogを更新した際にお知らせが届きます。

 

パーソナルトレーナーsayaka